会社設立の方法について

img-1

会社設立をするためには最寄りの法務局に届出を行わなければならないことをご存じでしょうか。

会社設立を宣言したとしても法務局に届出を行わない限り、会社設立がなされたことにはなりません。これを会社設立の商業登記と言います。
商業登記をしてはじめて会社設立が世の中に認められたことになるのです。
それでは、どのようにすれば商業登記をすることができるのでしょうか。
ひとつめとしては、商業登記の専門家である司法書士に依頼してしまう方法があります。


司法書士は身近な問題を取り扱う法律家ですが、主に不動産登記や商業登記を専門的に担っています。ですから、商業登記をしたい場合には司法書士に依頼をすることが得策です。

司法書士に問い合わせを行うことで、必要な書類や手続きについて知ることができます。
最近では、司法書士による無料相談会や電話相談なども行われていますので積極的に活用するとよいでしょう。
しかし、商業登記を依頼する場合には数万円程度の費用がかかってしまいます。この費用を節約する方法として、最近インターネットが注目されています。


インターネットには自分で商業登記を行うことのできるマニュアルや自動入力システムなどが配信されています。


それらを活用することで無料または格安で商業登記の申請書類をつくることが可能となるのです。

最初は慣れないかもしれませんが、説明をじっくりと読めば簡単に行うことができるので、非常に便利なシステムなのです。

会社設立と言うと、個人事業主が税金面で優遇を受けられること、経費として認められる範囲が広まるなどの理由から行うものだと言ったイメージが在りますが、会社設立はサラリーマンなどの人が独立をする時にも会社設立をして、自らが会社のトップになるケースもあるのです。
サラリーマンの人が独立する場合は、既存顧客の獲得が必要になります。

しかし、現在勤務している会社に対して迷惑をかけるわけにはいきませんので、設立後の動きには注意が必要となります。

会社を設立すると言う事は、社会から会社として認められる事になります。
そのため、責任を追う立場になると言う事でもあるのですが、法人格になる事で社会的な信頼を得ることが出来るようになります。
新会社法が施行されたことで、従来の有限会社は廃止となり、新たに合同会社と呼ばれている会社スタイルが誕生しています。

会社設立における選択肢として、従来は株式会社と有限会社の2つが在りますが、株式会社の場合は最低資本金額は1000万円、取締役の人数は3名以上、そして監査役は1名以上の選任が必要であり、有限会社の場合は最低資本金の額は300万円、そして一人でも有限会社は設立が出来たわけです。
新会社法が施行されたことで、合同会社と言う新しい会社のスタイルが導入されたわけですが、合同会社は出資者全員が代表社員と呼ばれる特殊な会社形態ではあるのですが、定款で定める事で会社の代表を決めたり、業務執行を行う社員塗装ではない社員に分けることが出来るなど、会社設立に置いての自由度が高まっているのです。

役立つねずみ退治を理解するには正しい知識が必要です。

今話題の個人輸入代行の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。



魅力の高いねずみ駆除の超音波の情報サイトです。

プロジェクターのレンタル全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

http://smany.jp/7761

http://www.kyodonews.jp/committee/conference/2016/post-19.php

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0927/blnews_160927_1347242631.html

関連リンク

img-2
会社設立の方法について

会社設立をするためには最寄りの法務局に届出を行わなければならないことをご存じでしょうか。会社設立を宣言したとしても法務局に届出を行わない限り、会社設立がなされたことにはなりません。...

more
img-2
会社設立出来る会社の種類について

現在の会社法において設立可能な会社の種類にはいくつかありますが、現実的に一般的な事業を行う上で選択可能であるのは株式会社と合同会社の二種類であると言えます。そのうちの一つは最も知られている会社の形である株式会社です。...

more
top